IPOを2年間やってみて思ったことは…

IPOって当らない!

ってことでしょうね(笑)。

2015年が60銘柄ほどIPOの抽選に参加して当選が4銘柄、2016年は現時点で80社ほどの抽選に参加しましたが当選4銘柄でした。

8社の当選銘柄中、売却でマイナスになった銘柄が3社。トータルではかろうじて利益が出ていますが、大きく初値が上昇するであろうと期待した銘柄の当選は皆無に近かったというの現実ですね。

主幹事からしか当たってない!

当選した8銘柄は全て主幹事証券会社(もしくは主幹事からの委託証券会社)からの当選で、平幹事証券会社からの当選は一度もありません。

私も潤沢な資金でやっているわけではないので、毎銘毎銘柄申し込める証券会社全てから申し込めているわけではありません。

IPOが重複してくるとどうしても主幹事だけのも申込になっているという銘柄もあるので一概に言えませんが、現状主幹事からしか当選していないのが現実です。

株の知識がほとんどいらない

もちろん、あるにこしたことは無いんでしょうけど。今のご時世ネットで情報が集めれますので、このIPO銘柄が上昇するかどうかは優秀なIPOブロガーさんたちなんかの判断を参考にしていればそんなに知識はいらないような気がします。

IPO抽選のを辞退するとペナルティもある証券会社もありますから、そこから申し込む時だけ注意していれば、後は当選してからの判断でいいかと思います。

2017年の目標は…

すばり、もう少し抽選応募の仕方を改善できると思いますが、現実的には年間5銘柄の当選と30万円の売却益ってところが妥当なところではないでしょうか(目標、低っ)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク